せぬま歯科医院

マウスガード(マウスピース)

K-1やPrideなどの、格闘技のテレビ放送で、カラフルな最新式のマウスガード(マウスピース)をよく見かけます。これらは非常に精度が高く作られており、以前ボクシングなどで使用されていた既製のものとは比較にならない効果を発揮しています。

適合の良い事が安全性を高める大切な要素となります。マウスガードの装着により、頭部、顔面への衝撃による歯の破折、口腔内の裂傷などを予防できるのです。

マウスガードにはより安価な既成のものも発売されていますが、これらは口腔内で安定せず、装着したまま話をすることができません。選手一人一人に合わせて作製するカスタムメイドマウスガードは、競技中の脱離の心配もなく、装着感もきわめて自然で、良好です。競技中に装着したまま会話をすることもできます。防具としての効果は既成のものとは比べ物になりません。

カスタムメイドマウスガード格闘技やラグビー、アメフトなどのコンタクトスポーツに限らず、スポーツは歯やその周囲の組織をいためます。野球や重量挙げ、陸上の投てき競技など、食いしばることの多い競技の場合、特に歯をいためやすく(咬耗など)、競技能力、さらには日常生活にまで影響を及ぼしかねません。

こうしたことを予防するためにも、マウスガードの着用は非常に有効なのです。材料はポリモルフィンまたはエチレンと酢酸ビニール樹脂の重合樹脂 マウスガードには外傷の予防とともに、脳震盪の予防、さらに競技能力の向上を見込めるという説もあり、より精度が高く、各競技に適応したものを製作する必要があります。 今、スポーツ界では格闘技に限らずマウスガード装着を義務化する動きがあり、歯科における新たな需要として注目されています。

マウスガード(マウスピース)

マウスガードの着用が義務化されている競技(一例)

義務 一部義務 義務ではないが有効
ボクシング ラグビー サッカー
キックボクシング ラクロス 柔道
アメリカンフットボール 空手 スキー
- インラインホッケー 水球